収骨のやり方

葬儀が終わったあとの火葬場で収骨を行い
その後は公園墓地、墓地、納骨堂、霊園
それぞれの流れになりますが今回はその収骨についてまとめていきたいと思います。

火葬場に到着すると、棺は炉の前に安置されますね。
持参した位牌と遺影を祭壇の机に飾り、
火葬前の別れの儀式である「納めの式」を行います。

僧侶が同行しなかった場合は、焼香のみ行うようです。
故人と縁の深い順に全員が訣別を告げたら、遺体は茶毘に付されます。

火葬には40分から12時間程度を要するようです。
意外と時間がかかるものなので、
参列者と故人の思い出を話すのもよいのではないでしょうか。

火葬が終わると、「収骨」を行いますね。
箸を用いるのは、「箸」と「橋」が同音であることから、
この世からあの世への「橋渡し」をするといういわれもあるそうです。

収骨が済んだら、位牌は喪主が、遺骨と遺影は遺族、か持ち帰り、
自宅きああとに戻った場合、遺骨は忌明けまで「後飾り祭壇」に安置されますね。
また、僧侶と火葬に同行した人々を酒食でもてなす「精進おとし」の席を
設けましょう。

昔は四十九日の忌明けまで精進料理を食し、
それを通常の食事に戻すことを精進おとしといっていたようです。
しかし、昨今は葬儀の当日に精進おとしも一緒に行うことが通例となっているようですね。

分骨の手配については
故人の遺骨を自宅や手元に置きたいという理由であれば、
慎重に考えなくてはなりませんね。
家庭用に分骨した場合は手元供養というものを行うようですが、
供養する自分が亡なくなった後も供養がつづけられるのか、
その方法も含めて熟慮する必要がありそうです。