訃報が届いたときの対応の仕方

まず訃報(ふほう)というのは
誰かがお亡くなりになったときの連絡のことですね。

親族・親友・ご近所の場合は
すぐに弔問するべきでしょう。
弔問はお亡くなりなったとき家に訪問することですね。

霊園や納骨堂、墓地の段階になったときに現れたのであれば
近所の住民として、ちょっとさみしいとかんじるかもしれませんね。

遠方の方も可能な限り早く駆けつけてあげましょう。
弔問では遺族にお悔やみを述べたあと、手伝うことがないか聞いてみましょう。

霊園や納骨堂にいくときもそうですが
やむをえずに参加できないときは、お悔やみの手紙を添えて
香典を送るのがいいかもしれませんね。

危篤の連絡がきたときはその連絡が来る時点で
なんとしても生きている間にあってほしい人だから来ているわけです。

なのでそういったときは
服装は派手なければ仕事着でもなんでもいいのではないでしょうか。
おそらく金品も不要でしょう。

遠方からの場合は万が一を考えて礼装などを用意しておいたほうが
無難かもしれません。

しかしそれを行った先で見られては逆に失礼なので
事前にロッカーなどに預けておくのがいいですね。

香典をいくらにするかというのは
悩む人も多いのではないでしょうか。