通夜の行い方

納骨堂や霊園に行く前に
行われる通夜の行い方について今回は
まとめていきたいと思います。

近年の通夜は、夕方6、7時ごろからはじまり、
通夜ぶるまいを入れたとしても2、3時間で切り上げる
半通夜が一般的なようです。

参列者の弔問も多いため、
受付は通夜間始時間の30分前からで、
早めに到着した参列者には式場内か控室で
待機してもらうのではないでしょうか。

僧侶が到着したら、まず祭壇を確認してもらい、
修正すべき点があれば直してくれるはずです。
席次は通夜も葬儀も告別式もほぼ同じです。

僧侶の法話や説教の後僧侶が退場し、
喪主のあいさつで終了し、通夜ぶるまいへと案内しましょう。

参列者を接待する広い部屋の確保が難しいと思いますが、
式場の焼香が終わると通夜ぶるまいの席ヘ誘導し、
順次退席してもらう形での略式の通夜も
増えつつあるらしいです。

通夜ぶるまいの席は、参列者に食事をしながら
故人を偲んでもらうという供養の意味もあると思います。

自宅での通夜が一般的だったころは、料理を持ち寄ったり、
近所の人が炊き出しを手伝ったりして
夜遅くの酒宴になることもあったようです。

近年は1、2時間、遅くても午後10時までに
切り上げることがほとんどではないでしょうか。

最後は、喪主があいさつをして場を締めること
が通例となっているそうです。

また香典の紛失・盗難に注意しなければいけません。
金銭を管理する香典係は、信頼のできる親族に頼みましょう。

香典の紛失や盗難の可能性があるので、受付では現金の管理に細かな注意が必要ですね。
さらに気をつけないといけないのは、葬儀後の盗難だと思います。

自宅や宿泊した部屋であっても、気を抜いて不用意に置いておくのは
厳禁ではないでしょうか。
葬儀の日時を知った犯罪者に忍び込まれて盗まれたというケースも
あるようです。