通夜

納骨堂や霊園に行く段階の前には通夜を行いますが
今回はその通夜について書いていきましょう。

家族を亡くした家は、喪家
そうけ
(葬家)となるようです。
※葬家とは葬儀の一連の流れの中で喪に服すべき家のこと

通夜は、遺族
が故人の遺体や魂を夜を徹して見守る
という意味があるようで
近親者だけで過ご
すものとされてきたようです。

最近の通夜では、
葬儀や告別
式と同様に斎場やホテルで行われるこ
とが多くなっているようです。
一般的な通夜
(仏式)では、午後6、7時ごろから

侶による読経ではじまり、遺族と参列
者による焼香がつづき、
式が終了
すると、参列者に別室で通夜ぶるまい
がふるまわれているのではないでしょうか。

ここで斎場での通夜の場合と
自宅での通夜の場合で見ていきましょう。

斎場での通夜は
現代における一般的な仏式葬儀ですね。

伝統的な白木の祭壇で、祭壇の脇には親族や
参列者から送られた供花や盛籠が並べ
大人数の参列に対応するため、親族席と一般席の
案内板を立て、混雑しないよう焼香台をふたつ並べるというのが
その例ですね。

参列者が順次帰途についたら後は
遺族や近親者だけで遺体とともに過ごします。
ここからが本来の意味での通夜と言えるのではないでしょうか。

昔の通夜ではろうそくや線香を絶やさずに
遺族が寝ないで見守っていたようですが、
しかし現在はそこまで少なくなり式場によっては
仮眠できるところもあるそうです。

自宅の場合ですが
地方では自宅で葬儀を行うことも多いようです。
通夜は遺族や親族などの身内で行われ
葬儀と告別式に多数の参列者が訪れるようです。

地域共同体のお手伝いさんが入ることも多いらしく
親交のある人たちの協力で故人を手厚く見送ることができますね。

自宅葬儀は祭壇を設置するので、人が座れる程度の
広いスペースは必要となりそうです。

式場費用はかからないが代わりに床に敷くシートや
受付などの設備費、クーラーの費用などが
余分にかかるでしょう。