通夜前の準備の仕方

霊園や、納骨堂にいく前の
通夜の準備の仕方ついて見ていきましょう。

まずは通夜前の葬儀社との打ち合わせですね。

現在の通夜は身内で行うものから参列者を広く招く
告別式のように変化を遂げているようです。

通夜の前には、世話役を交えて葬儀社との打ち合わせを
十分に行っておくべきではないでしょうか。

その他には例として
通夜ぶるまいの注文
会葬礼状と返礼品の数など
事前に手配が必要なものについて話し合い
前日までに具体的に決定していくのがいいでしょう。

式場の設営や必要なものの手配など、ほとんどは葬儀社にやってもらえると
思うのですが通夜の親交や喪主の役割などでわからないことがあれば
この段階で聞いておくといいと思います。

通夜直前は受付の段取り、供物や供花、席次、
焼香の動線などについても確認をしましょう。

事前に確認しておきたいことは何があるのでしょうか。

自宅で通夜を行う場合は、祭壇を一度設置すると動かすことが
むずかしいので、設置場所は熟慮しましょう。

最近では外に設置する花環は少なくなりました。
供物と供花の配置は序列が決まっていて
一般的に故人とのつながりが深い順に棺に近い場所から
並べられるので、配置を確認しておきましょう。

いただいた人の住所や氏名や品物の内容などを控えておきましょう
参列者の席次は、序列や順序に注意するといいですね。

通夜や葬儀は不祝儀ということでお手伝いの人や
火葬場の職員などに感謝の意を心づけとして渡す習慣があります。
心づけは基本的には仕事が終了してからお礼として渡すのですが
最初に渡したほうがいいときもあるので
タイミングはこれも葬儀社さんに相談したほうがよさそうです。
世話役や葬儀社に一切を任せることもできるのではないでしょうか。