葬儀後の事務処理を行う

葬儀が終わったあとの火葬があり
その後は公園墓地、墓地、納骨堂、霊園となりますが
今回は葬儀後の事務処理などについてまとめていきたいと思います。

葬儀が終わったらその日のうちに、世話役や会計係と事務の引き継ぎを行いますね。
これらは地方独特の慣例がある場合が多いらしく、まず地域の年長者に相談してみると
よいかもしれません。

一般的には、参列者名簿、供物や香典の控え、弔電や弔文などを引き受け、
会計の精算や立替金の返済するとのことです。
領収書を確認しながら、収支と残金を確認しましょう。

本葬までにかかった費用の領収書は、葬祭賞(埋葬料)の
請求や相続税申告の際に必要とのことなので、
かならず保管しなければいけないと思います。

また、初七日まで、できれば葬儀から数日以内に、
故人が生前にとくに世話になった人、町内で世話になった人にも、
お礼に出向くのが礼儀ではないでしょうか。

葬儀を執り行ってもらった寺院、神社、教会へは、
遺族が翌日か翌々日にお礼に行きましょう。

服装は礼装かそれに準ずるものにしましょう。
葬儀当日にお布施などのお礼を渡していない場合は、ここで渡しましょう。

お礼の金額が決められない場合は、葬儀の前に宗教者にきいてみてはどうでしょう。
直接たずねても失礼ではないと思います。
たずねても金額を提示してもらえない場合は、
近隣の年長者や葬儀社に相場してみましょう。

家族葬の場合でも、弔慰金をいただいた近隣の方へあいさつに伺いましょう。
品物を渡す場合は、弔事用(黒白)の水引をかけ、「志」と表書きするようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です