永代供養の期間

いわゆる永代供養のお墓と呼ばれるようなものであっても、一般的に呼ばれるお墓と同様に、国が運営しているものや民間団体が運営しているものや、寺院や墓地などが運営しているものなどの、様々なタイプがあり、最近では悪徳業者が増えているなどという風に言われることも多く、永大供養を頼んだにもかかわらず、数年で終わってしまい墓を訪れてみると草が生い茂っていたなどというようなケースも、テレビのワイドショーなどでは目にすることが多く、そういう意味ではきちんとした業者を選ぶということが何よりも重要であるというふうに考えられているわけです。高いお金を払って、永大供養をするのですから、それ相応の対価が得られなければ意味がないということは意見が一致している点であるというふうに考えられるでしょう。このような問題の中で、自分自身が永大供養のお墓に新しく入りたいというふうに決めた場合には、これまで自分自身が引き継いできたお墓をひとまとめにして、全て永代供養に切り替えるという選択をすることも重要だと考えられます。自分自身のお墓だけが供養されるのに先祖代々のお墓は供養されないとなってしまえば怒りを買いかねませんし、そのような場合では無縁仏になってしまうというケースもあるわけですから注意しておかねばならないということは間違いなく言えるかもしれません。永代供養の携帯というのは、非常に様々で、形にこだわらない供養方法を提案しているところもありますが、一般的には骨壷を他の人と一緒にしてしまう集合タイプなどが挙げられ、他にも骨壺を別列に並べるタイプの個人タイプも人気であるというふうに聞いたことがあるような気がします。これは、一人一人の感性に基づいて決めれば良いもので、他の人と骨が混じるのは嫌だというふうに考えている場合には個人タイプのものを選択すれば良いのではないでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です