納骨堂の魅力

最近では、新しいスタイルとして納骨堂というものが注目されていることが多く、かつては無縁仏となった人などが、納骨堂に運ばれるというふうに考えられているような節があったため、あまりいうイメージを持ってない人は、高齢者の世代では多いかもしれませんが、納骨堂こそ現代の忙しい都会人のライフスタイルにぴったりと合っているものであるということは言えるかもしれません。納骨堂は、基本的には建物内に骨を納めるため、決して土の中に骨を入れることはありません。そして遺骨を納めて行くにあたっては、きちんと都道府県知事の届出と認可が必要であるという点も、お墓と全く変わらないという電話安心して欲しいところでしょう。従来のイメージでは、とにかく亡くなった後焼却した遺骨は土の中に埋めるということが固定観念として考えられてきており、納骨堂のように骨壷のままただを置いておくということに対して、強い抵抗感を持っている人は少なくないという風にいえるかもしれません。しかし、面からみると墓石や墓地などといった、現代では非常に値段が高騰している様々な葬儀用具を買う必要はなく、また供養をするというような心配や墓地をどのように綺麗に保つのかということを心配することもなく、何よりも子供への負担が大きく減らすことができるという点において、納骨堂はメリットがたくさんあるものであるということは間違いなく言えるかもしれません。そして一般的な納骨堂は建物の中にあるため、雨の日であってもお墓参りをすることが容易でありエレベーターなどが備え付けてあるところであればどんなに歳をとってもバリアフリーに従ってお墓参りができるということも大きな利点であるということは言えるかもしれません。地方などであれば険しい山の一部などにお墓が立っていることも多く、これは土地代を考えてのことであるという風にも言われることはありますが、そののような場所にお墓がある場合には年を取った後に向かうのが困難になるため、掃除が行き届かなくなる可能性があるという風にも聞いたことはあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です