新しい葬儀

通夜や葬儀の日程を決める場合、候補となる会場の空き状況、僧侶や牧師というような宗教者のスケジュールというものを踏まえた上で調節していかなければならないでしょう。こういった場合、前もって宗教者のスケジュールを確認しておくことで、あとは葬儀会社と話し合いをすることによりすぐ日程を決めることが可能になると言えるでしょう。依頼する宗教者が決まっている場合、連絡は出来るだけ早めに行うように心がけると良いのではないでしょうか。葬儀の形式にもよりますが、宗教葬儀と呼ばれる、宗教者を呼び、その宗教の形式通りに行なう葬儀の場合、菩提寺とは別の宗教や宗派で葬儀を行なってしまうと、お墓への埋葬ができないというケースもあるようなので気をつけておきましょう。反対に、依頼できる住職がいないといった場合には、葬儀会社に相談すると紹介を受けることも可能だと言われています。自由葬といったように、宗教や習慣、しきたりといったものにとらわれず、自由な形式で行なう葬儀では、故人の性格や好きなものを取り入れ、オリジナリティー溢れる葬儀を行なうということが可能のようです。これは、宗教葬儀に対し「無宗教葬儀」とも呼ばれており、近年、都市部で多く見受けられるようになってきているようです。また「家族葬」と呼ばれるものも多く見られるようになったのではないでしょうか。これは、家族のみで葬儀を行なうというものであり、最近では「密葬」との区別があいまいになってきた感も否めないでしょう。本来「密葬」という葬儀は、一般的に、遺族と知人だけで葬儀を行ない、葬儀がすむまで死を伝えないというものを指しているようです。それぞれの家族に合わせた葬儀スタイルを選べる時代になってきていると言えるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です