葬儀会場

葬儀の形式や規模、予算などを考慮し、葬儀会社との打ち合わせが済むと、葬儀会場を選ぶ流れになるでしょう。昔は一般的であった自宅や宗教施設の使用は、最近ではめっきり減っているようで、近年では斎場が一般的であると言われているようです。斎場というのは、その名の通り、葬儀を行う専用の会場と言えるでしょう。これには葬儀会社が所有しているものと、公営の斎場があるようです。近年では略装が主流となってきていることから、火葬場まで併設されている葬儀場が増えてきているようです。故人に信仰がある場合には、宗教施設での葬儀となることがほとんどではないでしょうか。仏教であれば菩提寺、キリスト教であれば所属教会で行なうのが一般的と言えるでしょう。寺院の所有する会館での葬儀も珍しくないでしょう。昔はほとんどの家が自宅で葬儀をしていたのではないでしょうか。このような名残もあり、家族葬などのように、ごく少数で行なう場合の葬儀は自宅を会場にするということもまだ多いと言えるでしょう。一般的な規模の葬儀を行うにはスペースがなかったり、ご近所との関係性も考慮して減少傾向にあるのも確かでしょう。
また、地域によっては公民館などを会場として使用させてくれる地域もあるでしょう。団地やマンションなどが集会所などを所有している場合などには、利用できる可能性もあるようです。葬儀とは違いますが、お別れ会や偲ぶ会といった場合には、ホテルで行われることもあるようです。遺体の搬入や焼香ができない場合が多いため、あくまでお別れ会といった場合のみに使用されるのではないでしょうか。近年は、墓地の種類も豊富になってきていますが、同じくらい葬儀のスタイルも増え、自身の家庭に合った葬儀や会場を選択できるようになってきていると言えるのではないでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です