セレモニー

近年では、葬儀という形式を行うだけではなく「お別れの会」や「偲ぶ会」といったスタイルでのお別れも多くなっていると言えるのではないでしょうか。これは、あらかじめ近親者のみで密葬をすませておき、後日、改めて多くの人を招いて「お別れの会」を開くというものでしょう。こういった会を開く場合というのは、主に著名な方や、有名人などが亡くなった場合に見られると言えるでしょう。これは、宗教や宗派なども関係ないとされるため、故人を偲ぶセレモニーとして、自由に演出できるのがポイントであると言えるでしょう。儀式にとらわれないものなので、故人の趣味や業績といったものに合わせた形で行うことができ、さらには葬儀と違い「いつ行っても良い」とされているため、十分納得のいく準備ができるというのも選ばれている理由なのではないでしょうか。また、お別れの会というものでは、香典を辞退することもできるし、受け取ることもできるようです。さらには、会費制といったスタイルの3種類を設定することもでき、どのスタイルであるかは案内状に明記すると良いでしょう。お別れの会というのは、主催者によって香典か会費制かという部分も異なってくるでしょう。社葬というように会社が主催の場合には香典を辞退することが多いとされ、家族が主催の場合には香典、もしくは会費制が多いのではないでしょうか。さらには、友人や有志が集まって主催をしている場合、会費制がほとんどと言えるでしょう。近年では終活も広まり、お墓のことなどと一緒に、葬儀ではなく「お別れ会を」といった故人の意思が残されている場合もあり、小規模ではありますが一般にも広まっているものであるのかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です