家族内の打ち合わせ

臨終を迎えた後、遺族を待ち受けているのは、怒濤とも言える「通夜・葬儀・告別式」の準備や手続きと言えるのではないでしょうか。葬儀会社との打ち合わせの前に、家族間で打ち合わせをしておくことが望ましいでしょう。内容としては、喪主の決定、宗教の確認、葬儀の種類と規模の決定、会場の決定、予算の決定といったものになるでしょう。葬儀の種類に関しては、故人の信仰していた宗教によって葬儀スタイルが違ってくるため、きちんと確認しておかなければならないでしょう。また、この葬儀の形式によってはお墓の問題などもあるため、欠かせないと言えるでしょう。公園墓地、霊園、納骨堂など、お墓のスタイルも多い現代ですが、宗教の確認をする前に決めるのは控えると良いでしょう。信仰などがないという場合には、自由葬と呼ばれる、宗教や慣習にとらわれない葬儀という選択もあるでしょう。他にも、家族のみで行う家族葬、遺族と親しい者以外には知らせずに行う密葬、病院から直接火葬場へ搬送して行う直葬といったスタイルもあるようです。会場は、現代では斎場が主流とされますが、宗教施設、自宅、公民館、ホテルなど選択肢は多いと言えるでしょう。ただし、ホテルなどは遺体や遺骨を持込めない場合が多いため、注意が必要でしょう。葬儀会社の種類も専門業者、互助会、自治体、大手スーパーチェーンなどというようにさまざまですが、それぞれの見積書を比較検討し、決定すると良いでしょう。悲しみの中で多くのことを決めていかなければならないのはとても辛いことだと思われますが、全ては故人のためと言えるでしょう。気持ちよくお見送りができるよう、家族一丸となって打ち合わせができると良いのではないでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です