お墓のデザイン

普段から墓地へ足を向けるという方はあまりいらっしゃらないと思いますが、年に数回のお墓参りの際など、自身の家のお墓以外のお墓を眺めてみると、実に様々なデザインのお墓があると感じるのではないでしょうか。昔から、広く一般的に使用されているデザインとしては、「和型」と言われるものでしょう。家名や戒名などが刻まれているもので、この一番上の石は樟石と呼ばれているようです。その下に上台、中台、芝石がある3~4段構成のものが基本デザインと言えるでしょう。「洋型」のお墓というのは、基本的に墓石の高さが低くデザインされているため、少ない墓石量で作ることができると言えるでしょうす。オルガン型やストレート型、プレート型などの種類があり、自由な形状を選べるため、宗教に関係なく人気があるようです。「神道型」のお墓は、基本的には「和型」と同じとされており、3段巻の構成でできているようです。特徴としては、樟石のてっぺんが尖っているということでしょう。他にも、形式にこだわらず、自由に建てられているものを「デザイン墓」と総称しているようです。野球のボールや、ハート型といったように、好きなものを表した墓石デザインが個性的で特徴的と言えるでしょう。デザイン墓の場合、墓地によって規制がある可能性があるため、希望する場合は墓地への確認をしてからにしましょう。公園墓地、霊園、納骨堂、それぞれの場所と、故人のライフスタイルに合ったデザインを考えるようにすると良いのではないでしょうか。デザインだけを重視してしまい、その時のタイミングやノリだけで決めてしまうと後々後悔することになりかねないため、よく考えて決めると良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です