埋葬の種類と準備

納骨の際に用意しておくべきものとしては、火葬後に火葬場で発行された、死体埋葬許可証、墓地の使用許可書、印鑑、遺骨、遺影、位牌、線香、供花や供物などではないでしょうか。また、僧侶への御布施というのも準備しておくと良いでしょう。。納骨式のみの場合は3~5万円、同時に入魂式を行なう場合には5~10万円。卒塔婆供養は、1本につき3千~1万円といったように行う儀式や卒塔婆の数によっても変わってくるため、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。公園墓地や霊園、納骨堂などのように、墓地の場所や種類にこだわらず、基本的な相場とされているため、参考にすると良いでしょう。さらに、僧侶が自家用車で来たという場合には「御車代」として5千~1万円を渡すことになるでしょう。会食に参加しなかった場合にも「御膳料」として1万円をお渡ししましょう。石材庖の担当者ヘのお礼としては、工事費用に含まれていないかどうかを確認し、含まれていない場合には「心づけ」として1万円を手渡しすると良いでしょう。また、火葬、納骨という流れが一般的ではありますが、近年では「遺骨はお墓ではなく自然ヘ還るべきである」というような考え方から生まれた埋葬方法も見られるようになりました。故人が自然へ還ることを希望したときには「自然葬」という埋葬方法での供養を行うことになるでしょう。自然葬の中で最も一般的とされているのが「散骨葬」ではないでしょうか。遺骨のままでは大きいため、業者に頼んで細かくし、海や山に撒くといった埋葬方法と言えるでしょう。そのほか、墓石のかわりとして木を植えるといった「樹木葬」、人工衛星とともに宇宙に飛ばすという近代感溢れる「宇宙葬」、風船で空にあげるといった「バルーン葬」など、様々な方法が見られるようになってきているようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です